先輩の声

将来を担う、若手先輩社員の声。

山本技建の大きな戦力となってくれている、若手社員。
まだまだ未熟な面がありながらも、たくさんの伸びしろを持っている、頼れる社員たちです。
そんな先輩若手社員に、働きながら普段感じていることを聞いてみました。

青木 光

2017年入社 青木 光

入社のきっかけは?

元々建築が好きで、高校の先生から「建築は空間を構成する仕事です」という言葉に影響され、最初は宮大工がいいんじゃないかと思っていましたが、その時の宮大工の会社の求人が、遠方で住み込みでパソコンもできたりと募集要件が高めのこともあり、また、プライベートの時間を大切にしたいという理由もあって街の工務店でもいいのでは?と思い、山本技建に決めました。

入社前~入社の後の仕事内容

入社前に社長と一緒に現場をまわって仕事の様子を案内してもらいました。その際は木造をいくつか見せてもらったのですが、実際に入社後は木造以外にも鉄筋コンクリートなども多い仕事だと知りました。一般の人が思う『大工』っぽい仕事ではないかもしれませんが、高校の先生からの言葉「建築は空間を構成する仕事です」に繋がる『建築』をしているという実感でき、結果的に満足しています。

やりがい・大切にしていること

自分の性格が細かいので、仕事も細かく丁寧にしたときに先輩から褒めてもらったときが嬉しく思い、やりがいも感じています。

これから一緒に働くあなたへ

現場ごとに親方がいて、親方それぞれの要望も多いので取捨選択が上手くできないと最初は大変と感じるかもしれません。自分の中で何か信念のようなものがあるといいかな、と思います。困ったことや質問があったらまわりの先輩や社長も相談に乗ってくれるアットホームな会社なので、経験がなくてもなじみやすいと思いますよ!

松本 祐太郎

2015年入社 松本 祐太朗

入社のきっかけは?

高校3年で就職を考えたときに、同じ高校で一緒に遊んだこともある桑野さん(2013年入社 桑野 将成)が働いている山本技建からの求人があり、知っている人もいるので安心できるかな、と思い就職を決めました。

入社前~入社の後の仕事内容

入社前に社長と一緒に現場を2回くらいまわって「こういった仕事だけどどう?」と案内してもらったので、4月からも安心して働くことができました。入社直後は作業場での材料の加工の仕事が多かったです。3カ月程するとだんだん現場にも行くことが増えてきました。

やりがい・大切にしていること

自分でつくったものが形になって見えたときにやりがいを実感できます。いちから材料を加工して、組んで、仕上がって、見て、満足!といった感じです。

これから一緒に働くあなたへ

みんな普段から優しいので馴染みやすく、会社の雰囲気はいいと感じるので入りやすいと思います。

仕事終わりに先輩から「飲みに行こう!」みたいなのはないので、断りにくくストレスを感じる、といったことはないですよ。普段飲みに行くことはないですが、忘年会、新年会もあり、また新しく社員が入社の際には、落ち着いたころに『新社員歓迎会』もありますので、他のみんなとも打ち解ける機会は程良くあります。

桑野 将成

2013年入社 桑野 将成

入社のきっかけは?

自分の浜松工業高校の建築科の先生と山本社長とのつながりで紹介されたのが、山本技建を知るきっかけです。

入社前~入社の後の仕事内容

最初は「大工の仕事」とだけ聞かされて少し不安でしたが、入社前に2回現場をまわって紹介してもらったので、4月からは安心して働き始めることができました。入社後は材料加工が主な仕事でしたが、その材料を先輩と共に各現場に届けていく中で、親方など他の社員のみんなを紹介していってもらいました。山本技建では一人の親方について仕事をするのではなく、いろんな親方について仕事をするので、様々な仕事をみることができていいなと感じています。

高校でひととおり建築関係の仕事は学びましたが、いざ現場に入ってみると学ぶことが多く、机で勉強している学習とは違う技術が実際の仕事を通じて身に着いていくことが感じられます。

やりがい・大切にしていること

「やりすぎ?」と思われるかもしれない自分のこだわりが上手くいったりしたときに(そんなに細かくなくていいよって言われることもありますが)、その仕事を褒められるとやる気も上がります!

これから一緒に働くあなたへ

アットホームな雰囲気が入社前からも感じられ、会社会社していない感じで入りやすい会社だと思いますよ。

松本くんの車

松本くんの車。棚は会社で自作。よく整理されています。2列目は座れますが、3人乗りになってしまっています(笑)

仕事現場へは社用車ではなく、会社から支給された道具を積んで自分の車で行きます。ガソリン代も支給され、道具は基本的に積みっぱなしですのでプライベートで何かしたいときは便利に使えます。ただ、プライベートで車を使うときに道具を下さなければいけない場合は少し大変です。そんな状況が入社前に分かっていれば、もう少し大きな車を買ったのになぁ、と感じるときがあります。もしまだ車を買っていなければ、入社前の仕事紹介のときにでも社長や自分たちにも相談してみるといいかも。

若手育成・職人募集 職人教育制度 よくあるご質問
採用情報TOPへ

ご依頼・ご質問・求人等
お気軽にお問い合わせください

053-485-0661

営業時間 8:00~17:30(月~金)

(土・日も対応可能です)

メールで問い合わせる
資料請求する